6&4

アイルランドの本(小説・児童書・YA)と気になったニュースを紹介するブログです。

ニュース:アイルランドの経済評価

ニュースソース

www.thejournal.ie

ざっくり説明

世界経済フォーラムは2018年の包括的発展指数でアイルランドを30か国中8位に位置付け。(去年は12位)

経済成長や公債の割合を下げたなど評価される一方、経済的不平等が出てきていると発表された。

(包括的発展指数原文はここ→The Inclusive Development Index 2018 | World Economic Forum

ざっくり補足

経済復調気味?

アイルランドはかつて「ケルトの虎」と呼ばれる経済成長を遂げましたが、その後リーマン・ショックで一気に景気が冷え込みました。

毎日のニュースを見ていても景気回復といった論調はあまり見られなかったため復調はまだ先かと勝手に思っていました。(家賃高騰してるし)

しかしこのニュース先のレポートによれば、生活水準はやや上昇、高所得者とそうでない者の間で格差が出来ているとのことです。

日本外務省のサイトを見てもアイルランドの経済は徐々に上がってきていることがわかります。あまり経済には明るくないのですが、イイ感じなのでしょうか。

日本のランクは24位

どうしても日本人なので日本のランクが気になってしまいます。日本は30か国中24位。去年と同位です。

言われていることもほぼ同じ、平均寿命が長いが労働生産性と雇用率が悪い。女性の労働力が少ない…だそうです。

Inclusive Development Indexとは

包括的発展指数、と上記では書きましたがもう少しスマートな訳はないものでしょうか。

ともかく、この指数は様々な観点から見て、より現実的な経済評価をするもの。GDP国内総生産)の代わりになる指数とされています。