6&4

アイルランドの本(小説・児童書・YA)と気になったニュースを紹介するブログです。

紹介:Cork Strolls

本情報 

Cork Strolls: Exploring Cork’s Architectural Treasures

Cork Strolls: Exploring Cork’s Architectural Treasures

 

ジャンル: 旅行ガイド

ページ:192

あらすじ

アイルランド第2の都市、コーク。ここは貿易で栄えてきた街であり、その豊かさは建築物の種類の多さにも反映されている。街を地区ごとに区切り、歩くのにかかる時間や見どころを精密なイラストと共に解説する旅行ガイド。

試し読みしての感想

Kindleよりはペーパーバック版

なぜかamazonではKindle版しか見つからなかったのですが、出来るならペーパーバックを買ったほうがいいと思います。絵もそちらの方が見やすいでしょうし、何より、旅行ガイドなだけあって、色付きの枠の中に簡単なコラムとかが書いてあるんですよね。Kindleだとせっかく整えられているであろう書式が若干崩れてしまっています。あとは単純に赤い背景に白い文字が…目に辛い…。

もちろんKindle版にもいい所はあります。例えば、Shandon地区の紹介ページであれば

1. St Mary and St Anne's Cathedral

2. St Anne's Shandon

と言った感じに目次立てしてあって、見たいところをクリック(タップ)すればその箇所に飛ぶようになっています。見たいところが決まっている分にはとても便利。

それでも実際旅をしながら読むならペーパーバックの方がいいと思います。あまりないとは思いますがiPhoneのひったくりとかたまにあるそうですし、街中で歩きスマホは危ないですし。

クイズ?付き

説明文の合間合間に、DID YOU KNOW?と称してミニ雑学が書いてあります。ジョナサン・スウィフトだったりヘンリー7世だったり、歴史に関連したことが多いでしょうか。

前に感想記事を書いた“Ireland's Pirate Trail”でも、コークは昔より港として海賊の栄えた街とされていました。歴史のある街なのですね。そして海賊というよりは、貿易で栄えた街としてこの本では書かれています。多角的にこうして知識が繋がっていくのは楽しいものです。

著者について

Gregory and Audrey Bracken

キルデア出身。苗字が同じなのでお察しですが兄妹です。(どっちが年上なのかわかりませんが表記上こう書いておきます)旅好きで、ダブリン、ロンドン、パリ、バンコク、香港などのガイドも書いているそう。Gregoryの方が建築を学んでいたというので、ガイドにある建築関係は彼が担当して書いているのでしょうね。