6&4

アイルランドの本(小説・児童書・YA)と気になったニュースを紹介するブログです。

紹介:Almost Love

本情報

Almost Love (English Edition)

Almost Love (English Edition)

 

ジャンル:愛、フェミニズム

ページ:314

Kindleだと1章まで試し読みができます。

あらすじ

Sarah(サラ)は恋に落ちてしまった。20歳年上のMatthew(マシュ―)に。

友人には心配され、父からは許しを得られず、仕事も失いかける。それでもサラはマシュ―との別れを選ぶことができなかった。愛のために全てを犠牲にした女性の話。

試し読みしての感想

マシューはお預け

試し読みの範囲でマシューは出てきません。というか、サラは別の男性と付き合っているようです。冒頭はサラが恋人との約束をドタキャンされて少し喧嘩するシーンから。

サラはとても夢見がちというか、相手に何かしてもらえることを期待します。気まずい雰囲気のまま恋人が仕事へ行ってしまった後、「さっと戻ってきて愛してるって、サラが許してくれないと1日が楽しくないんだって言ってくれないかなあ」とひたすら待っているのがそれを顕著に表していると思います。そういうとこだぞ、サラ。

よく上記のジャンルを書く時に海外のブックレビューサイトGoodreadsを見て参考にしているのですが、今作のレビューは評価が2分されていました。低評価にしろ高評価にしろ、サラのことは好きになれない、と書いていた人が多かったように見えました。これは作者があえてこういうキャラ付けにしたのでしょうか。

著者について

コーク州出身。普段はヤングアダルトを中心に書いていますが、今作は大人向けのようです。

以前紹介したThe Surface Breaksの作者です。1年で2作とは多作な方です。