6&4

アイルランドの本(小説・児童書・YA)と気になったニュースを紹介するブログです。

紹介:The Great Shame

本情報

The Great Shame: And the Triumph of the Irish in the English-Speaking World

The Great Shame: And the Triumph of the Irish in the English-Speaking World

 

ジャンル:歴史、ノンフィクション

ページ:768

あらすじ

19世紀のアイルランドでは人口が半減した。飢饉、アメリカやオーストラリアへの移住。当時の人々は移住した先でどのような人生を送っていたのか。『シンドラーのリス』原作者が1次資料からまとめた歴史本。

試し読みしての感想

試し読み分量が多い

ツイッターでも時々泣き言をもらしていましたが、本当に試し読みの分量が多いです。体感で、amazonの試し読みはだいたい本文の3~5%程度が公開されている気がします。今作は768ページの大作なのでその分、試し読み分量も多かったのですね。

ただ、試し読みが多いということはその分、文章の雰囲気とかはとても把握できて良心的でした。

ひたすら事実を述べる

そんなスタイル。元々、アイルランドの歴史なり出来事なりを事前知識として持っていたので、記述されたことに対しては「ああ、あれか」と本文を読む手助けになりました。逆に言えば教科書的というか。○○の出来事があった、××の資料によると~と記されている。といったような記述が続きます。乱暴な言い方をするなら事実の羅列です。作者の主観があまり入り込まないので、すっきりして読みやすい文章ですね。

歴史を取り扱う内容からか、多少専門用語があって難しい単語はやや多い印象でした。

著者について

Thomas Keneally(トマス・キニーリー)

オーストラリア出身。先述しましたが、映画『シンドラーのリスト』の原作"Schindler's Ark"の作者です。これでブッカー賞も受賞されてますね。

今作ではアイルランドの移住先としてオーストラリアの比重大きめで描写されています。著者がオーストラリア出身だったからなんでしょうか。他に"Now and in Time to Be"という本でもアイルランドを取り扱っており、そのあらすじによると著者の家系がアイルランドからの移民だそうです。全然知らずに読んでました。それともどこかに記述あったのかしらん。